不動産仲介業者の役割

不動産仲介業

1 不動産仲介業とは

不動産投資情報 福岡の業界は、大きく分けると「開発・分譲業」、「賃貸業」、「管理業」、「流通業」と4つの業態に分かれるとされています。具体的に説明すると、自社で開発、建築した不動産を直接販売するのが「開発・分譲業」と自己が所有する不動産を他者に貸し付ける「賃貸業」、実際に人が利用している不動産を管理する「管理業」、不動産取引の当事者、つまり売主と買主、貸主と借主の間に立って、取引を仲立ちする「流通業」の4つです。

因みに、不動産投資をするときには、アパートやマンションなどを狙うのも良いですが、ログハウスなどの、貸別荘としての不動産投資も狙い目です。メンテナンスや管理というのは必要ですが、それでもそこそこの利回りは期待できると思います。一攫千金を狙うのではなく、コツコツとお金を増やしていきましょう。

この不動産仲介業とは、俗に「不動産取引の仲人役」と言われていて、不動産の売却や賃貸される方(売主や貸主)と不動産の購入や賃借される方(買主や借主)の双方からの依頼を受けて、募集活動から契約・引渡し完了まですべての業務を1人の担当者が責任を持って行うことを言います。

つまり、不動産仲介業とは上記の4つの中で「流通業」となり、不動産の供給側と一般消費者の直接の窓口となって、さまざまなニーズを収集して、顧客に最適な情報を提供したり、売主または貸主と買主または借主との条件調整を行い、契約から引渡しまでを一貫して行うことを業務としています。

そのため、不動産仲介業では、不動産取引に関するあらゆる専門知識はもちろん、不動産価格または賃料の相場変動、現在流通している不動産の把握、その他の地域情報に精通している(マーケティング能力)必要もあります。また、それを顧客に安心して決断できるようにアドバイスできる能力(コンサルティング能力)は最も必要となるでしょう。

不動産仲介業者は、不動産仲介業は、不動産取引の仲介手数料で収入を得ています。仲介手数料とは、不動産仲介業の媒介で不動産の取引を行う場合に不動産仲介業者に支払われる報酬で、媒介報酬とも言います。宅建業法では売却や物件探しの依頼をしても取引が成立しなければ、仲介手数料を支払う必要はないとしています。

2 買うは新品、借りるは中古

このような、不動産仲介業者は不動産取引のプロフェッショナルである必要があり、業界内でも非常に重要となるポジションの仕事を行っています。しかし、家を購入というと、建てるというイメージが強いと思います。

新築ならではのメリットは単純に考えて5つあります。

・新しい家はキズも無く臭いや汚れも無くて、気持ち良く暮らせる。
・固定資産税や不動産取得税の控除が新築の方が有利な場合が多い。
・住宅金融公庫などからの融資を有利な条件で受けやすい。
・最新の設備の家が購入できる。
・建築条件付物件なら、着工前に自分の要望を取り入れてもらうことも可能。

これらを捨てて中古を買うよりは、思い切って新築がいいという方が多いためでしょう。そのため、中古の物件よりも新築の多いようです。そのため、「家を売る」より「貸す」ことのほうが顧客が多いこともあるそうです。つまり、不動産賃貸仲介業です。不動産賃貸仲介業とは、賃貸物件のオーナーから預かった物件を、広告を出すなどして入居希望者に紹介し、賃貸借契約にまで導く業務のことで、契約が成立したときに支払われる仲介手数料が収入となります。

上記のためか、最近では売買専門のサイトは見かけないのに対して、賃貸専門のサイトは多く見かけます。そこでこのサイトでは特に、不動産賃貸仲介業者に重点を置いて、不動産仲介業者についてみていこうと思っています。

おすすめWEBサイト 5選

ファッションデザイン専門学校に入学
清水寺 着物レンタル
大規模修繕 東京