不動産仲介業者の役割

土地を余らせるなんて勿体無い!無駄なく活用

不動産、敷地、土地を利用して副収入を得る

住まいの安心生活を希望する方に朗報。土地活用を簡単に説明すると、余った土地をマンションやアパートの駐車場にしたり、賃貸物件を建てて人に貸すといった方法で収入を得ることです。余った土地を活用せずにそのまま雑草だらけにしたり、整備もせずに自宅用の青空駐車場にしたりと、以外にも土地を活用していない場面を多く見かけます。

もちろん余った土地を活用しないことが”無駄”だとは決して思いません。利用する段階で必要となる整備費用や運営費用は馬鹿にならないので、それら費用がなくてやむなく土地活用をあきらめることだってあります。

ですが、土地は収益が見込める大事な資産となるのでそのまま腐らせておくにはあまりにも勿体無いと考えます。駐車場や賃貸といった様々な方法で収益を得ることができれば、不況といわれている現代で多少なりとも経済事情が好転するのではないでしょうか。

POINT!:余った土地、不動産は有効利用しよう!適切なメンテナンスと運営が副収入を生む!

土地を青空駐車場として利用する

不動産選び.netを参考にした上で書いてますが、仮に余った土地を活用する方法として駐車場経営をはじめるとなると。手始めに雑草除去や一面アスファルトにするなど大掛かりな工事が必要となります。それだけに簡単に手を出すことができず、どうにも土地活用に踏み出せないとお悩みの方も多いことでしょう。

賃貸不動産を学ぶ楽しむ活用すると称して単純に駐車場として運営するだけであれば必ずしも整備に費用がかかるというわけではありません。雑草が生えている部分は時間と手間がかかるものの人の手で除去することが可能ですし、車が止めれるスペースを斜線で区切らずとも自由に止めていいとルールを決めておけば、一面アスファルトにして斜線で区切る必要もありません。

ただ利用する側の心情として、利用する駐車場は整備されている方を希望しますし青空駐車場は雨風に晒されて泥だらけになるので駐車場として最適とはいえません。整備費用があるのなら、やはり可能な限りメンテナンスをしておくことが望まれます。

土地活用といえばアパート、マンション経営

広い土地を持っている方が副収入を得る手段として良く利用していたアパート、マンション経営は土地活用のイメージとして定着していますが、一から賃貸住宅を建設するだけで莫大な費用がかかるので、さすがに気軽に利用するというわけにはいきません。

ですが、不労所得として利用している方が多いのも事実で、土地活用のメッカはこのアパート・マンション経営であることは言うまでもありません。近年では短期間利用でもOKとしているアパートやマンションが多くなってきているため、土地活用で賃貸住宅を建てるならこれら短期間利用も視野に入れたじぶんのばしょとしてのアパート等にするのがいいでしょう。

都心に比較的近く、また周囲のお店にアクセスが容易な立地条件なら利用者も自然と多くなることが予想されますが、逆に都心から離れた場所やお店へのアクセスにも時間がかかってしまう場所だとどうしても利用者の足が遠のいてしまいます。こうした”利用者の視点”で考えて、どういった建築物、駐車場が利用されるのかを考えて、ニーズにあったものを提供するように考えるのが土地活用のコツといえるでしょう。

POINT!:アパートや駐車場はニーズがあってこそ!利用者不足で収入が見込めないなら控えるのが無難!

2014/10/10 更新